こんにちは(^^)hiroです。
投稿をさぼってました(_ _;)すみません。

サボってた理由は自分のブログにも書きましたので・・・

大阪は昨日と今日は凄く( ・∀・)イイ!!天気です。
少し暑いぐらいですね。それでも暖房器具はスイッチオンです(笑)

前回の続きで治験のことを。
治験を受けるまでですが・・・自分の場合ですよ。
ドクターから治験の話をされます。
これは自分自身でも治療をするなら、抗がん剤をするなら治験以外はしないと言ってましたので。 

まずドクターからどういった薬で副作用はこんなのが報告されてますとか要は簡単な説明ですね。(本当に簡単です)
そして治験コーディネーターから同じ説明を聞いて、その後のスケジュールを聞きます。
ここで「どうしますか?」と聞かれて治験を受けるなら同意書にサインです。
自分は何でも気軽にサインをするので・・・説明書の中身を読まないでサインしてます(^^ゞ
この後は各種検査があります(自分はMRI、CTに血液検査、心電図など)
これが終わると後は通常の抗がん剤治療と同じです。

ここまでとこの後もそうですが費用はかかりません。
そして交通費負担金と言うものが出ます(金額は諭吉さんが1枚です)
ただし治験に関しては診察など検査代の負担はありませんが
薬や治験以外の治療などは自己負担になります(この区別が難しいです)

ここまで読むと検査代は無料で抗癌剤も負担しないでいいし
おまけに交通費まで出る!いいですよね(^^)
でも忘れないでください!治験です!

治験薬だと思っていたのがブドウ糖だったりすることも有ります。
どんな副作用が出るかわかりません。
治験薬でも効果があるかは分かりません 
(自分の場合は主になる抗癌剤と治験薬を使用しました。なので全く効果が無いと言う事は無いと思います) 

良い事も有ればリスクも覚悟はしないといけません。
判断基準として治験は幾つものステージ?に分かれてます。
1層、2層、3層となってますが、3層試験が製品化に1番近い状態です。
なので3層試験が副作用など、人体への影響がどれ位あるのか分かりますので
安心と言えば安心です。(自分は3層、2層、3層とやってます)

まぁこんな感じですかね(^^)特に通常の治療と違いはありません。
治験は何処で受けれるか?ですが、大学病院やがん拠点病院であれば何かの治験はされてると思います。ただ症状にあった治験があるかどうかは分かりません。
もし治験を受けてみようと思うなら担当医などに相談されるか、大学病院やがん拠点病院などにに問い合わせをすれば教えてくれると思います。


今後も治験の事など自分が経験したことを書いていきますが
これは自分の感覚で書いているので、すべてがこの通りでは無いと思います。
間違えて思い込んでいる部分もあるかもしれませんので・・・(^^)


りなさん、眉毛いいですね(^^)
自分も少し生えてきてます(何故か下半身から)
もう抜けないことを願うだけです。

ろまんさん明日からですね。
自分はガンマナイフでしたので何とも言えませんが
スイカさんが言われてたみたいに脳転移は怖いです。
もしか・・・なんて事を考えたりもしますがコレだけはドクターにも分からないそうです。
治療直後に後遺症が出る時もありますし、半年や一年後に後遺症が出るときもあります。
(自分は両方です(^^ゞ)
でも治療をするのだから、良い結果が出るように思いましょう!
自分も、ろまんさんの治療が上手く行くように願掛けときます(^^)


それじゃ(^^)また