2年前の夏に痛風の発作がおきました。
風に吹かれても痛いとはよく言ったもので、寝るのも辛かったです。
その痛みを2度と味わいたくないと思い、アルカリ水と野菜の生活を続けていたら体重が15キロも減りました(笑)

それ以来発作はありません。v(。・ω・。)

野菜だけだと貧血がひどかったので、最近は野菜をガッツリ食べた後に脂っこい物も食べています。

そんな中、がんの予防に役に立つ食物を摂取したいと考えるようになり、ヨーグルトLG21やサラダにスプラウトを混ぜて食べるようにしています(๑´ڡ`๑)

特に今注目しているのはブロッコリースプラウトのスーパースプラウトと言う商品。
ちょっとHPから抜粋↓

高濃度スルフォラファン

スルフォラファンが体内に取り込まれると、各細胞において体を防御する酵素の生成が促されます。
それら酵素には、体内の有害な活性酸素を除去したり、発がん物質を無毒化し、体外に排出するなど様々な働きがあります。

大気中や飲料水、食品などに含まれるある種の化学物質は、体内で発がん物質に変わり、それらが細胞内のDNAを傷つけると、発がんリスクが高まります。
一方で私たちの体にはもともとそれらを無毒化する解毒酵素も備わっています。スルフォラファンはその「解毒酵素」の働きを飛躍的に高めます。

これ以外にも杉花粉によるアレルギー症状の緩和や、ピロリ菌除去にも効果があるそうです。

子ども達も笑顔でいられるように、健康的な食生活を心掛けたいと思います。

がん・腫瘍 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
20150429_144912