こんちはーhiroです(^^)
スケサンから治験に関してメッセージを頂いたので少し書いておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
治験についてですが、「治験は薬を投与する人と水を投与した人との比較があり、どちらに振り分けられるかはわからない」と聞いた覚えがありますが、実際どうなんですか? 薬によって違ったりするんですかね? 返事は体調が良くなってからでいいですよ (^_^)v
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

え~っと、正解です。
治験にも色々ありますけど、自分が経験した範囲で書きますね。
スケサンの言われてる、本物の薬と偽物(プラセボと呼ばれてます)とに分けて行う治験。これは誰にもそれが本物かプラセボかは分かりません。判るのは多分製薬会社の方だけだと思います。なのでドクターも判らない状況ですね。
あと自分が経験したもので、認可されてる薬と新しい薬と比較する試験ももあります。これはどちらも本物の薬となりますので安心感はありますね。
多分それ以外にも有るかもしれませんが…

ネットなどでみていると、プラセボと本物の薬の効果は、少し本物が上のような感じですが、プラセボでも何もしないよりかは効果があるんです。
昔の人が言った「病は気から」と言う言葉は本物見たいですよ(笑)

それじゃ(^^)また


がん・腫瘍 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村