【 スケサンの吐き気対策】

正直に言って頼るのは薬です。

今までは、プリンペランで対処していましたが、いまいち効果がなくて担当医に相談したら、ドンペリドンと言う薬に変えてもらったら見事に効果があり、3月2日のアリムタ維持療法で、いつもは投与して2日目ぐらいから7日ぐらいは苦しいのですが、今回の副作用は軽減され気分も良く次回の抗がん剤治療にも前向きになっています。

文章力がなくて詳しくは説明できませんが、プリンペランとドンペリドンとの差は着地点までの経路が違うらしいです。

薬を変えたり飲むタイミングを変えたり、人によって違いがありそうなので担当医と相談の上、各自工夫が必要ですね。

さて、スケサン独自の吐き気対策ですが、
まず第一に食事は腹五分目にします。(ここは食欲があっても我慢)
それでも吐き気や胸焼けが来ます。
その時は座ったり寝転んだりせずに姿勢を正して立ちます。(直立!)
そしてつま先立ち運動!
理由はわかりませんが、5分程すれば、なぜか吐き気や胸焼けが軽減されます。
少しの吐き気なら左手薬指の爪のサイドを右手の親指と人差し指でつまむ様に刺激すれば、これまた軽減されます。
(なんでやろ?)

食べ物はサンドイッチが何故か食べやすいです。
風呂で暖まったら気分が悪くなります。(風呂は軽く!)

みなさんが少しでも副作用が軽減されますように!

気休めの参考でヨロシクです。



がん・腫瘍 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村