スケサンです。

定位放射線治療SRT

人それぞれ照射回数や照射角度が違う為、あくまで僕の場合です。

右胸に1回の線量6Gy (グレイ)を10回照射治療
総線量10Gy (Max線量らしいです)

僕の行った病院では放射線治療中に
リラックス効果の為に患者の好きな音楽を流しながら治療できるんですよ。
いつも一緒だったおじいちゃんは
北島三郎のCD で歌を聞いてました。(笑)

放射線治療に関してはみな一緒のようで
痛みもない、約10分ほど寝てるだけ。

[急性期の副作用]
食道の炎症はなし。皮膚は若干赤くなっただけ。

[晩期の副作用]
肋骨骨折・右上腕神経障害(しびれ、脱力、麻痺)・放射線性肺臓炎・気管軟骨壊死・上大静脈症候群の可能性がある。

なかなかのラインナップでは?(笑)

どれも確率2~3%で低いらしいが、ゼロではないのがポイント。
これが多いと考えるか少ないと考えるかは人それぞれ個人差。
中でも一番重く思ったのが、半年か一年後とかに利き腕の右腕が麻痺して動かなくなる可能性があるって事。
かなり医師からビビらされた感があったが、右腕と腫瘍の進行と
どっちらを選択するかだと思いました。

ええカッコじゃないけど、「右腕の一本ぐらいなら」と思って治療する事にしました。
確実に進行している腫瘍に対しての最大の抵抗は放射線治療しかない。
まさに「右腕か、腫瘍の進行か」の選択でした。

人によっては抗がん剤は良くないとか、レントゲンを始め放射線関連は被爆があるとか言う人もいるようですが、
命がけな患者は言うてる暇ないのが現実です。

以前「生きる」でも話題になって
hiroさんも言っていた「覚悟」ってやつです。
なにするにしても覚悟が必要って事で。

但し、無理はダメですよ~!

現在、今回の放射線治療後、胸の痛みが無くなり呼吸も楽になり、放射線や薬の副作用もほとんど無くありがたく元気に過ごしています。

正直なにかと不安ですが、
不安であたりまえなんやと良い意味で開き直っております。(^^)/

いつの間にか精神論に…(>_<)

でも1年弱の告知をされて今で6年半。
今も三度目の再発の治療中ですが、
こんなベテラン患者もいるんです。

僕の様に病気になって「生きる」ブログにたどり着いた人、これから治療を受けられる人達の参考になればうれしいです。

こんなんで参考になるんかな?
文字で気持ちを伝えるって難し~い(泣)

最近、オチがわからん?( ̄ヘ ̄メ)

ではまた登場します(^o^)v


がん・腫瘍 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村